会社情報:

本ウェブサイト(www.investmarkets.com/international)は、ライセンス番号000307/332でベリーズの国際金融サービス委員会によって認可され規制されているベリーズの投資会社、Arvis Capital Limitedによって運営されています。Arvis Capital Limitedは、Unit 203, No.16 Corner Hutson and Eyre Streets, Blake Building, Belize City, C.A.に所在しています。

 

Arvis Capital Limited と Toumpaka Limited との間の支払代理人契約に基づき、Toumpaka Limited(登記上の住所: Kolonakiou 25, ZAVOS KOLONAKIOU CENTER, BLK B, Flat 102, Linopetra, 4103 Limassol, Cyprus)、登録番号 HE405187は、支払代理人としてArvis Capital Limitedに支払サービスを提供しています。

 

Arvis Capital Limited と Forex TB Limited は同じグループ会社に属しています。Forex TB Limitedは、Cyprus Securities and Exchange CommissionよりCIFライセンス番号272/15を与えられ、規制されています。

 

リスク警告:

差金決済取引(以下「CFD」)は、投機的な性格を持つ複雑な金融商品であり、その取引は資本の損失という大きなリスクを伴います。レバレッジ商品であるCFDの取引では、全残高を失う可能性があります。CFDにおけるレバレッジは、お客様に有利にも不利にも働く可能性があることをご理解ください。CFDトレーダーは原資産を所有しておらず、また原資産に対するいかなる権利も持っていません。CFDの取引はすべての投資家に適しているわけではありません。過去の実績は、将来の結果を示す信頼できる指標ではありません。将来の予測は、将来のパフォーマンスの信頼できる指標を構成するものではありません。取引を決定する前に、投資目的、経験レベルおよびリスク許容度を慎重に検討する必要があります。失っても問題ない金額以上を入金するべきではありません。想定される商品に関連するリスクを十分に理解し、必要であれば、独立した助言を求めるようにしてください。当社のリスク開示資料をお読みください。

 

地域の制約:

Arvis Capital Limitedは、欧州経済領域内、および米国、カナダのブリティッシュ・コロンビア州、その他一部の司法管轄区域ではサービスを提供していません。

 

Arvis Capital Limitedは、金融商品の取得、保有または処分に関する助言、推奨または意見を述べるものではありません。Arvis Capital Limited はファイナンシャル・アドバイザーではありません。

COVID-19

コロナウイルスは、風邪からSARSやMERSなどの深刻な感染症まで、さまざまな呼吸器疾患を引き起こすウイルスです。最近、新型のコロナウイルスが発生し、COVID-19と命名されました。

これらのコロナウイルスは人獣共通感染症として知られており、当初は動物からヒトに感染しました。今回のケースでは、COVID-19は中国武漢の生鮮市場にいたコウモリから発生したと考えられています。2019年12月1日に中国武漢で最初の症例が記録され、その後、世界100カ国以上に広がっています。

感染の一般的な兆候としては、呼吸器症状、発熱、咳、息切れ、呼吸困難などが挙げられます。重症化すると、肺炎、重症急性呼吸器症候群、腎不全を引き起こし、死に至ることもあります。COVID-19は、50歳以上の人に最も危険であることが分かっています。

コロナウイルスの健康への懸念は明らかですが、すでに深刻な経済的影響も出ています。COVID-19が製造業、世界市場、そして金融システム全体にどのような影響を及ぼしているか、詳しくはこちらをご覧ください。

COVID-19と世界のものづくり

COVID-19は中国で発生したため、中国がウイルスの影響を最初に受けた国となりました。その1つが製造業への影響です。ウイルスが蔓延すると、労働者へのウイルス感染を食い止めるために、工場は操業停止を余儀なくされました。場合によっては、工場が十分な労働者を確保できないこともありました。

このため、中国の製造業の実力を測る公式な指標である製造業PMIは、1月の50から2月には35.7に急落しました。50を下回ると、製造業の活動が縮小していることを示します。

中国は世界最大の輸出国であり、世界の製造能力の約3分の1を占めています。つまり、中国の製造業の落ち込みは、世界中に波及することを意味します。それだけでなく、COVID-19が流行すれば、各国の製造業も苦境に立たされることになります。

2020年3月中旬現在、中国の工場は平常に戻りつつあると言われていますが、韓国、イタリア、アメリカなど各国が一斉に検疫に踏み切り、世界の製造能力の多くを停止させています。

市場やサプライチェーンの混乱

製造業の減速がもたらす最も顕著な影響のひとつは、世界のサプライチェーンにあります。中国の製造業が減速しているため、世界中の企業が納品に影響を受けています。電子機器メーカーを対象とした最近の調査では、ほとんどの企業が必要な部品の入荷に3週間、一部では6週間以上の遅れに直面していることが明らかになっています。

こうした遅れはサプライチェーン全体に波及し、多くのメーカーは、早ければ7月、遅くとも10月には正常な状態に戻ると考えています。調査対象者の25%は、サプライチェーンがいつ正常に戻るかを言うのは時期尚早であると回答しています。

一部の商品が手に入らなくなり、消費者はまもなくこの影響を感じ始めるでしょう。AppleはiPhoneと部品の不足の可能性を警告しており、FacebookはすでにVRヘッドセットOculus Riftの品不足に陥っています。このような事態は一部の消費者にしか影響しないかもしれませんが、もっと広範囲な品不足が迫ってきています。例えば、コカ・コーラ社は、人工甘味料の入荷遅れがダイエットコークの品不足を引き起こす可能性があると報告しています。

他の商品も同様に、供給不足に陥る可能性があります。洗剤、トイレットペーパー、おむつ、歯磨き粉など、さまざまな消費財を製造するプロクター・アンド・ギャンブルは、中国に9000種類以上の原材料を供給する300以上のサプライヤーがいます。サプライチェーンの問題により、どれだけの製品が供給不足に陥る可能性があるかは分かっていません。

その他、自動車部品業界、コンピュータ・メモリ業界など、多くの業界で品不足が予想されます。サプライチェーンの混乱は、米国企業のおよそ4分の3に影響すると予想されています。また、近々、イタリアで見られたようなロックダウンを余儀なくされる国が増えれば、出荷や配送の問題がサプライチェーンの問題に拍車をかけるかもしれません。

COVID-19の財務的影響

現段階では、COVID-19による金融・経済的な影響の全貌は分かっていません。少なくとも、企業や世界経済の収益や成長率が4分の1程度低下することは間違いないでしょう。これまでのところ、最も明白な影響は、世界の金融市場で見られる大きな変動で、世界のほぼすべての主要株価指数が弱気相場に陥っています。米国では11年間続いた強気相場が止まり、一部の銘柄では株価が半値になりました。

世界各地でスポーツリーグの試合中止、リゾートホテルやレジャー施設の閉鎖、お祭りの中止、学校の閉鎖、企業の従業員の自宅待機などが相次いでいます。これらのことは、現在だけでなく、今後数カ月間、企業や金融市場に大きな影響を与えるでしょう。

中国だけでも、成長率が鈍化するだけでなく、第1四半期のGDPが8%以上縮小する可能性があると予想されています。また、世界各地でこのような事例が増加していることから、世界的な不況となり、世界中の大小さまざまな経済が影響を受ける可能性があります。

個々の企業への影響は当然異なりますが、大多数の企業で収益が縮小することは確実であり、ウイルスによる景気の減速で倒産する企業も相当数出てくる可能性があります。

世界的なパンデミックへの対応

ウイルスへの対応は世界各国で異なっており、その対応の違いから結果も大きく異なっています。例えば、香港とシンガポールは早くからコロナウイルスの被害を受けましたが、それぞれ患者数は200人未満です。日本と韓国では感染者が急増しましたが、すぐに新規感染者数がピークに達し、ウイルスの拡散を食い止めました。これらの国に共通しているのは、COVID-19の脅威に対して迅速に対応し、ウイルスの蔓延に対抗するためにあらゆる要素を駆使したことです。

イタリアやイランとは対照的でした。両国とも、最初の感染者が出るまでは、政府はこの病気に対して否定的であったようです。人々が病気になり始めても、その対応は遅々として進みませんでした。どちらの国も検査はあまり行っておらず、その結果、患者数は指数関数的に増加し、両国で蔓延しました。

米国では、ウイルスが発見され始めたばかりですが、今までの対応は世界的に見ても最悪でした。検査はほとんど行われておらず、国の指導者も3月の第2週まではこの病気に否定的で、大規模な集会を止めるための対策もとられていませんでした。3月15日現在、米国の多くの地域で集会は中止されており、政府はウイルスの健康への影響と経済的な影響の両方に対処するためにあらゆる手段を講じているため、状況は変化する可能性があります。

3月中旬現在、世界各国の政府がCOVID-19を非常に重要視していることは明らかで、新規感染者数を減らし、このパンデミックをできるだけ早く終息させるためにあらゆる措置が取られています。

COVID-19の金融危機

もちろん、COVID-19の健康危機と経済危機に加えて、世界の市場には金融危機も起きています。現金の重要性が再び高まり、誰もが現金を調達するためにあらゆるものを売っているため、ほとんどすべての資産クラスに影響が及んでいます。

このため、株式は暴落し、債券利回りは歴史的な低水準に低下し、金やビットコインなどの安全資産でさえも資金調達のために売られ、金融市場には深刻な影響が及んでいます。このような事態の根底にあるのは、世界的な大不況、あるいは世界恐慌の可能性に対する恐怖です。

2008年の金融危機以来、市場がこれほどまでに苦境に立たされたことはありません。米国では、ダウ工業株は1987年のブラックマンデー以来、最悪の状況となりました。原油も、トレーダーが需要の減少を懸念する中、OPECとロシアの価格戦争により最悪のタイミングで供給が増加したため、急落しています。このため、原油は日次、週次ともに1991年の湾岸戦争以来最悪の下げ幅を記録しました。

金融市場にとって朗報なのは、銀行の経営状態が2008年よりもはるかに良くなっていることです。2008年に比べれば、資本金も増え、流動性もはるかに高まっています。

中央銀行が金利引き下げや金融刺激策を迅速に実施したため、為替市場も変動や動揺を免れることができませんでした。このため、米ドルは、安全資産である円を除いて、他の通貨に対して大幅な上昇を示しましたが、円は他の通貨に対して大幅な上昇を示しました。

おわりに

コロナウイルスは、2019年12月に初めて出現したときの市場の予想をはるかに上回ることが判明しました。当時は、このウイルスは中国に問題をもたらすが、それ以外の国は追加の金融刺激策で補うことができ、生活は通常通り進むだろうと考えられていました。3月上旬に世界中で起きた出来事は、通常からかけ離れたものでした。

金融市場は必ず回復し、その時には目を見張るような利益を上げることができるでしょう。しかし、それがいつ起こるかは誰にも分からないので、警戒を怠らないようにしましょう。個別銘柄、セクター、アセットクラスに回復の兆しがないか目を配り、好機に飛び込めるように準備しておきましょう。

支払い方法
再度入金を行うには、まずアカウントの確認が必要です。
お客様のファイルは拒否されました。カスタマーサポートにご連絡ください。
理解しました

${UserName}様

このアクションは、デモアカウントでは利用できません。
ライブアカウントに切り替え、資金を追加して取引を開始してください。

アカウントへの入金

このセクションはお客様専用です。ログインまたはサインアップしてください